えびふりゃーのホームページ 本文へジャンプ
ラジコンのページ(ヘリコプター7)

ESKY F150X RC Helicopter 2017/04/20 初飛行 ($59.99)
メインローター径 170mm、飛行重量 36gの「スタビレス形式」のウルトラマイクロヘリです。
CC3Dと言うマルチコプターに使われている、6軸ジャイロが内蔵されたフライトコントロラーが使用されています。
手のひらに乗るような超小型のヘリコプターですが、もの凄く安定しています。
製品としてはmode2とmode1が有り、mode1を入手しました。
バッテリーは1セル150mAhの細長いもので、30mmほどのリード線が付いています。
そのリード線を利用してコントローラーに接続するため、他社のものを流用することはできません。
フライト時間は4分から5分で、付属のUSB式充電器で充電します。
動画はこちら






DURAFLY Auto-G2 Gyrocopter 2013/08/05 初飛行 ($84.99)
メインローター径が821mmのオートジャイロです。
先に紹介した「Auto-G」に、「Auto Starter System」を追加したものです。
メインローターに「初期回転」を与えるため、ブラシモーター+ギヤBOX+ワンウェイB/Gを追加しています。
さらに地上滑走を容易にするため、尾輪もラダーと連動しています。
「Auto Starter System」は5chに接続し、ローターの回転が上がるまでSWをオンにします。
ある程度回転が上がったところで滑走を始めると、5mほどで離陸します。
マニュアルでは、着陸でも「Auto Starter System」が使えるとなっています。
初飛行の様子はこちら
グラウンドでの離着陸の様子はこちら
調子に乗ってループを繰り返していたところ、ヒンジがちぎれてローターが吹き飛んでしまいました。こちら
ヘリコプターのようでヘリでは無い。
かと言って飛行機でも無い、独特のフライトは意外と面白いものです。



・ローター基部にギヤBOXが付きます。      ・墜落などの衝撃が無かったのに、ヒンジがちぎれました。



DURAFLY Auto-G Gyrocopter 2012/11/14 初飛行 ($70.60)
メインローター径が821mmのオートジャイロです。
胴体やマストは組立済みで、水平・垂直尾翼をねじ留め・接着するだけで完成します。
メインローターは、前縁部にプラスチックの金型成型を使い後縁部にスチロールの圧縮成型を貼り合わせて作られています。
そのため強度としなりが両立していて、少々の転倒ではローターは折れません。
ローターのコントロールは「エルロン」のみで、2サーボを使うことで「トルク」を稼いでいます。
ローターに「初期回転」を与える機能は付いていないので、向かい風を受けるため「走る」か自然風を頼るしかありません。
それでも「箱だし、微風」で離陸することができました。
逆にエルロン舵が少ないのか、向かい風で煽られたとき「リカバリー」できませんでした。
旋回性は悪くないのですが、エレベーターの効きが足りなかったようです。
浮くまでの様子はこちら
強風で煽られ、背面で墜落した様子はこちら